前へ
次へ

教育問題は時代と共に変わる

少子化が進んだ現代は様々なことが変化しています。
現在は小学校、中学校までが義務教育となっていますが、ほとんどの学生は高校へ進学します。
都内ですと、私立と都立校で学費面で大きな違いがあることが問題化されています。
家庭の経済的な部分で子供の進学の選択肢になるべく差がないような配慮は随分前から検討されています。
教育問題の一つとして、家庭環境の経済力なども挙げられます。
実際、子供の学力は親の年収に比例すると言われています。
高等教育無償化が検討され、近い将来もっと改善される可能性が出てきています。
学校で学ぶことは、学問だけではありません。
友人同士のかかわり方や社会人としてマナーなど様々な事を学び、多くを体験し収穫の時期となります。
最近の教育問題として、必要な学力の見直しなどが行われ一昔前と変わってきています。
ペーパー重視から実践で活躍できる本当の力が求められるようになっています。
試験内容も見直され2020から大学入試のセンター試験が変更になる予定です。

Page Top