前へ
次へ

英語の教育問題として使えるかどうか

小学校から中学校、そして高校や大学などで色々なことを学べます。
大学まで卒業した人が仕事を定年退職したとき、学校で勉強して役立ったと感じることもあれば、結局勉強したことをほとんど使わなかったと感じることもあるでしょう。
使わないとしても他との関連から学んだ方が良いこともあるので学んで無駄はないのでしょうが、これから教育を受けていく子供たちにはできるだけ無駄な教育ではなく使うための教育をしていく必要があるでしょう。
英語に関する教育問題としてはこれまではなかなか使えない点がありました。
高校入試や大学入試などで必要だから勉強するが、それ以降必要なければ勉強することはないですし、使わなければどんどん忘れて結局使い物になりません。
それは読む力がメインの教育で、多少聞くが取り入れられる程度だったためかもしれません。
これからの英語の教育問題として話すや書くなどもっと自分で英語表現ができる教育が必要になっていくのでしょう。

Page Top