前へ
次へ

教員の質に関する教育問題への対策

小学校や中学校の義務教育では免許を持っている教員が教育に当たるようになっています。
しかし、その質が問題として取り上げられることが多くなり、新聞記事にすらなるケースが見られているのが現状です。
優秀な教員も多いのは確かですが、問題を起こしてしまう教員も少なからずいる状況が続いているのは大きな教育問題として対策が必要とされています。
若手の教員が経験不足のためにミスをするのではなく、ベテランの教員が不祥事を起こしているケースが目立つのが特徴で、漫然と教員という立場を盾にしてきた人が大きな問題を引き起こしているのが実態です。
この教育問題の対策としてベテランであっても研修を受けさせるようにして意識改革を起こそうとしたり、新米教員を積極的に採用して新陳代謝を促進したりする傾向が生まれています。
このような取り組みによって教員の質が向上することにより将来の日本を支える優秀な人材が育っていくようになるでしょう。

Page Top