前へ
次へ

学校の先生の資質は大切な教育問題です

教育問題に対して常々考えておくことは私たち親の役目ではないでしょうか。
一口に教育問題といってもその分野は幅広く、内容は多岐に渡ります。
学校と言ってもそれには小学校がありますし、さらに中学校や高校があります。
最終的には大学を卒業して教育期間を修了するということになります。
その過程は比較的長いので、巡り合った教師の資質によって影響される部分が大きいです。
例えば小学生の頃に立派な資質を持った教師に巡り会えば、その時に教えてもらったことは、大人になってからでも覚えているのです。
中学校の頃の思い出ですが、クラスに体の大きな番長がいました。
学校の先生よりも体格が大きいくらいのもので、学校の先生達からも恐れられていました。
学校の先生達はこの番長に注意を与えることができませんでした。
それはとりもなおさず、学校の先生達だってその番長が恐ろしかったからに他なりません。
こんな状況を目の前で見ていれば、先生が何であるのかが見えてきます。
先生といえども一人の弱い人間であるということです。
強いものには恐れをなすし、弱い者に対しては強く出る傾向があるのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

子供達の教育で一番大切なことは、先生の教育方針に一本筋が通っていることです。
それが通っていないとまともな教育はできません。
ですがその一本筋が通っているということが、なかなか理解できないのです。
それは子供たちが間違いを犯した時に叱りつけることではありません。
子供達を叱らなければならない場面でも、子供を叱りつけた後に、子供がどうなのかを冷静に判断できるような教師の資質が問われます。
そして大切なことは、教師には子供たちに対するしっかりとした愛情がないといけないということです。
教育問題で一番大切なのは、教師の生徒たちに対する真の愛情ではないでしょうか。
先生たちの心の中に真実の愛情がないと、一生懸命子供達に勉強を教えたとしても、子供達はなかなかついてきてはくれません。
そもそも学習を継続するということは大変なことです。
苦しいこともあるでしょう。
そんな苦しさを乗り越えられるような方策をそっと教えてくれるような先生が、本当に愛情のある先生ということができます。
PTA などで学校の先生とお話をする機会もありますが、そんな機会に学校の先生の資質を見抜いておくのも大切なことです。

Page Top