前へ
次へ

不登校に関する教育問題について

毎年9月1日に亡くなっている学生さんは多くいます。
それは夏休みが終わり、再び行きたくない学校に以下なければならないからです。
もちろん9月1日に亡くなっている学生さんが多いというのは深刻な問題で、最近ではテレビでも特集されています。
しかし学生さんが亡くなるのは9月1日だけなのでしょうか。
それは違うはずです。
年間で最も亡くなる学生さんの人数が多いために9月1日がピックアップされていますが、残念なことに9月1日以外にも学校が理由で亡くなっている学生さんは居るのです。
これは学校が全て悪い訳ではなく、世の中全体が亡くなっていく学生さんを追い詰めているのです。
教育問題として取り上げられていますが、一つの社会問題なのです。
教育問題でもありますが、学校だけでなく国を挙げて解決させる問題です。
学校が嫌な理由が全ていじめだというわけではなく、校則というものに拘束されるのが嫌という理由も多々あります。
まずは親の寄り添いが必ず必要です。

Page Top